珪酸ソーダ

■化学的性質について

酸との反応

珪酸ソーダは「珪酸」より強いすべての「酸」と反応してアルカリが 中和され、pHが低下し珪酸イオンを遊離するため、 珪酸イオンの重合またポリ珪酸イオン同士の重合により粘度が上昇します。
さらに進むとゲル状に硬化します。 例えば硫酸との反応を示すと次のようになります。 

Na
2O・nSiO2 + H2SO4 + mH2O→
nSiO
2 + (m+1)H2O + Na2SO4
                (ゲル、固体)

粘度の上昇、ゲル化の速度は、酸の種類、量、濃度、温度によって異なります。図7に硫酸を用いた場合の3号珪酸ソーダの濃度とpHとゲルタイムの関係を示します。
濃度とpHとゲルタイムの関係図
図7) 濃度とpHとゲルタイムの関係図