■品質方針(ISO9001)

当社は1999年(平成11年)6月に本社、東京工場、大阪工場、仙台工場で、翌年6月に静岡工場、福山工場も含めた全事業所でISO9002認証を取得し、 2003年(平成15年)6月には、全事業所においてISO9001:2000の認証を取得しております。更に、2017年(平成29年)6月、ISO9001:2015に移行しました。
ISO9001品質マネジメントシステムの基本的な狙いは、”顧客・法令等の要求事項を満たした製品・サービスの提供”及び”顧客満足度の向上”であり、 2015年版は「組織の目的・戦略の達成に役立つ、組織経営の一環としての品質マネジメントシステム」を意図したものですが、 当社においても基準が要求する内容を恒常的に満足する事業展開を心がけ、お客様への一層のサービス向上を目指しております。


【品質方針】

1. 顧客とのコミュニケーションを常に緊密にし、分析し、顧客が真に必要とする製品を見極める。
2. 当社として貢献すべき分野、進むべき方向を常に明確にし、自社の能力、体力の水準向上に努めることにより、その基本方針に基づき、製品の設計、開発、製造、供給を行う。
3. 顧客に満足して頂ける品質を確保し、安全及び環境に配慮した製品を提供する。
4. 要求項目に適合した製品の提供と、品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を行う。
5. 品質方針達成のため、当方針を社内全体に周知し、方針と整合した年度目標を各部門に設定させ、実施状況を確認し、レビューすることを確実にする。
  2017年12月11日 
東曹産業株式会社 
代表取締役社長 岩瀬裕全 
登録番号 JCQA-0501
適用規格 JIS Q 9001:2015(ISO 9001:2015)
社名 東曹産業株式会社
事業所 本社、東京工場、大阪工場、仙台工場、静岡工場、福山工場、九州工場
認定機関 日本化学キューエイ株式会社