ジオキープ

■脱硝用尿素水について

当社の脱硝用尿素水は、排ガスに尿素またはアンモニアを注入し、 250~450℃の下、ガス中のNOx(NOとNO2)を窒素(N2)とH2Oに還元するものであり、基本反応は次の通りです

CO(NH2)+ 2NO + 1/2O2 → 2N2 + 2H2O + CO2

反応の様子を模式的に表すと次のようになります。

【脱硝用尿素水の特徴】

・プロセス    微粒化した尿素水溶液を焼却炉内に噴霧する
・コスト   他の方法に比べ、イニシャルコスト、ランニングコストともに安価
・取扱い   尿素水溶液の取り扱いが他の反応材よりも容易